(2) 超小型ISO14001

     環境マネジメントシステム

(a)「超小型ISO14001」は、2004年に当社が環境負荷低減を目的に

  開発したISO14001システムです。環境負荷とは、公害(騒

  音、振動、汚染等)、廃棄物等を指します。

(b) 「ISOを活用して会社を良くしたい」「自社の弱い部分をISOで補

      完したい」効果的なマネジメントシステムを構築したい」という

      企業様に対し最高のコンサルティングの提供を約束します。

(c) 超小型ISO14001に搭載された「工事成績ダントツ化内部監査

 (9001搭載と同じもの)」を5年続けて、工事成績会社平均点

  86.3点、優良工事表彰8件/年を達成。

(d) マニュアルは、「品質・環境・労働安全統合マニュアル」で46

      頁、記録 11 枚。

 

(e)  内部監査計画書、報告書をExcel上のボタンをクリックするだ

   けで一瞬にして作成できる。

(f) 環境アセスメントシートが、Excel上のボタンをクリックするだ

  けで一瞬にして計算・作成できる。

(g) 管理責任者が 1 人でISOを管理しておられ、苦労しておられる会

  社、改善が進まず、ISOが「お荷物」になっている会社では、

  とくに有効です。

(h) EMSは、どうすれば取得できるのか? いつまでに取得できそう

    か? どれくらいの費用がかかるのか? 取得やブラッシュアップ

 の状況は、企業様の都合によって変わりますので、まずはお気

 軽にご相談ください。匿名希望の方には、お名前もお聞きいた

 しません。

 

(i) 環境アセスメント(アセスメント-KY)研修、現場パトロー

    ル、工事成績ダントツ化内部監査、安全大会等について、個々

    に研修を行っておりますので、ご利用ください。

■ 規格の概要

 ①環境アセスメントと法令遵守により、環境負荷や法令違反を低減させる効果

  があります。

 

 ②しかし、目立った成果は上がっておらず、会社の「お荷物」になっている場

  合が少なくありません。「ISO45001は何の役にも立っていない。審査機関を

  食わせているだけだ」 「できれば登録証を返上したい」という会社も多々あ

  ります。

 ②他方、環境に配慮するのは「働く者の務めである」 「公共工事をやらせてい

  ただいているのだから、発注者の要求事項に従うのは当然である」と、意欲

  的に取り組んでおられる会社もあります。

 ③他方、毎年2,000件(内、建設業は200件)ほどの環境法令違反が発生していま

  す。弊社では、そのような法令違反がなくなるように努めています。

 ④法令違反につきましては、ISO14001を取得の有無にかかわらず、何らかの対

  策を講じられることは必要でしょう。

■ 認証取得の動機

 ①荷主による取引条件

  ・運送業では、ISO14001が取引条件となっていることがあり、そのため認証

   取得しておられます。

  ②会社のイメージアップ

  ・産業廃棄物業者が会社のイメージアップのために取得されています。な

   お、取引条件として、 ISO14001ではなく、他の規格(EA21等)を求められ

   ることも多々あります。

 

■ 認証取得までの流れと期間

 ①ISO9001とほぼ同様です。コンサルティング開始から2ヶ月で登録証が受領で

  きます。

 ②コンサルティングの期間は3日から1週間です。

 ③いまの業務手順どおりに、システムを構築しますので、教育訓練は内部監

  査、マネジメントレビューぐらいしかありません。半日で終わります。

 ④内部監査や定期審査は、ご要望に応じて、当社が代行しておりますので、ご

  心配にはおよびません。

ISO9001認証取得スケジュール.png

【お問合せ】

TEL 096-363-1065

  E-Mail toiawase@minatoyacs.co.jp