会社紹介

 

会社概要

社名

株式会社 湊屋総研

代表者

代表取締役 吉住 宗芳

資本金

10,000,000円

所在地

〒862-0972 熊本市中央区新大江2-11-6-201

TEL  096-363-1065

FAX 096-363-0709

略歴

昭和48年 吉住社会保険労務事務所開設

平成  2年 合資会社湊屋コンサルタントサービス設立

平成  3年 合資会社湊屋コンサルタントサービス熊本支店設立

平成  6年 吉住税理士事務所開設

      コンサルタントコンテスト全国大会優勝
     (第14回大会)

平成  7年 コンサルタントコンテスト全国大会優勝
​     (第15回大会)

平成14年 株式会社湊屋総研設立

平成  3年~現在 全国各地で経営セミナー実施中
    (開催地:東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、

     山梨、静岡、長野、富山、石川、福井、愛知、

     三重、岐阜、大阪、京都、奈良、兵庫、岡山、

     広島、山口、福岡、佐賀、​長崎、大分、熊本、

     宮崎、鹿児島、沖縄)

                   

                  

事業内容

経営コンサルタント
・戦略、人事コンサルティング
・営業コンサルティング

・経営管理、生産管理コンサルティング

・ISOコンサルティング

・工事成績コンサルティング

              

 

ごあいさつ

​人に英知を、企業に活力を、社会に繁栄を!

私たちは、「人情家の経営者の皆様に、経営戦略を立案し、提供する」ことを仕事としてきました。

経営戦略の効果は、物凄いものでした。

 

 ・月商2,500万円の企業が、3ヶ月で、月商4,800万円に成長する。

 ・年商3.6億円の企業が、1年半で、8.4億円に成長する。

 ・年商2.5億円の企業が、8年で、64億円に成長する。

 ・売上が1年間で8倍(800%成長)になる。

 ・中小企業が、上場企業と取引できるようになる。

 ・中小企業がアメリカに進出する。

 

という成果が次々に現れたのです。

経営戦略とは、簡単に言えば、「競争に勝つ法則」です。そして、競争は「競」と「争」から成り立っており、経営戦略は「争」に大きな力を発揮します。

しかし、経営戦略は万能の法則ではなく「限界」を持っています。それは、経営戦略が、「個の利益の追求」に向かいがちだということです。

経営戦略とは、「生き残り」「敗けない」ために考えられたハウツーですから、「公の利益」「全体の繁栄」といった思考とは相容れない側面をもっています。

たとえ「争」に強くても、「自己の利益しか考えない」「全体を顧みない」企業と、誰も、長い協調関係や信頼関係を築こうとは思いません。

かつて、ナポレオンは、一世を風靡しましたが、彼は「争」の天才にすぎなかったのです。最初は誰もそのことを見抜けませんでした。

ドイツに進撃したとき、哲学者ヘーゲルは「見よ、世界精神が来た!」と歓喜したといいます(当時は、世界精神の存する地域が反映すると考えられていました)。

しかし、ナポレオンが、自ら皇帝となり、自分の親族を次々と各国の王位につけたとき、人々は彼を救世主だとはみなさなくなりました。

ベートーベンは「奴も、俗物だったのか!」と憤り、ナポレオンに献呈するつもりだった、交響曲の楽譜を引きちぎったといいます。

ロシアでの戦いに敗れてからのナポレオンは悲惨でした。人々の支えが崩壊していたからです。人々の支えなしには、軍を糾合することもできず、満足な戦略を立てることもできなかったのです。

つまり、経営戦略は「勝つ」法則ではあっても、「勝ち続ける」「繁栄し続ける」法則には必ずしもならないということです。

もし、企業が勝ち続けたい、あるいは不敗の状態を続けたいと思うなら、大義や理念、すなわち私益より公益を優先する思想を示し、周囲から支持されることが必要です。

つまり、「競」の部分が必要とされます。「競」とは「高みを目指して競い合う」状態をいいます。そこでは、「無私」とか、「己を知る」「己に克つ」が重要だと考えられてきました。そのために経営者の皆様は修行にも似た毎日を送っておられるのです。

このことを、ピーター・ドラッガーは、「企業は、生き残らなければならない。同時に、なぜ生き残るかを示さなければならない」と述べています。

つまり、生き残るための法則が「経営戦略」であり、「大義」「理念」が生き残る意味ということです。「経営戦略」は勝利を生み、「大義」「理念」は周囲の支持や愛着を生むのです。企業は「戦略を駆使して勝利し」、そして「周囲から支持され」「愛されて」、真に望む成果を手に入れることができるのです。

冒頭で、「人情家の経営者の皆様」と書きましたが、その「人情」を形成したものは、おそらく、その社長様の「大義」「理念」だったのでしょう。徳のある方は、「大義」「理念」を、始終、口にされるわけではありませんが、「大義」「理念」が滲み出てきて、「徳」「人情」として現われていたのでしょう。

私たちは、これからも、人情家の、徳のある経営者の皆様に、超弩級の経営戦略を立案し、ご提案していくことを、喜びにしていきたいと考えています。

株式会社 湊屋総研

​代表取締役 吉住 宗芳

 

プライバシーポリシー

株式会社湊屋総研は、CSRならびにコンプライアンスの基本として、次の通り「個人情報保護方針」

を制定し、経営コンサルティング業務を通じて取り扱うすべての個人情報の適切な取り扱いについて、

役員並びに全従業員が一丸となって取り組むことを宣言致します。

1.個人情報の取得

個人情報を業務上入手する場合は、業務活動に必要な範囲内で適法かつ公正な方法により取得致します。

2.個人情報の利用
本人の同意を得た範囲内での業務でしか使用・提供致しません。

3.個人情報の第三者への提供
当社は、法令の定めにより必要とされる場合を除いて、取得した個人情報を、

本人の同意を得ずに第三者に開示提供致しません。

4.個人情報の適切な管理
当社は、保有する個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失・破壊・改ざん

及び漏洩のないよう必要かつ適切な措置を講じます。

5.法令遵守
その他、個人情報に関する法令やその他の規範を遵守いたします。

平成19年2月1日

 

株式会社 湊屋総研

​代表取締役 吉住 宗芳

 

​実績一覧

熊本県

 ・各種ムラおこし事業

 ・熊本の産業界50年(熊本県の産業史)

 

熊本市

 ・人事評価制度

 ・IT活用講座

独立行政法人熊本大学

 ・人事評価制度

中小企業団体中央会

 ・『熊本木材工業団地労働力確保法推進事業』

 

商工会議所・商工会

 ・人材確保と活用戦略

 ・地域商店街活性化事業

熊本日日新聞社

 ・『中期経営計画策定短期講座』 

 ・『人事戦略策定講座』

 

熊本F銀行・熊本信用金庫・熊本第一信用金庫

 ・『地域商店街活性化事業』

 ・『人材育成と組織開発講座』

 ・他

 

上場企業

 ・UCCコーヒーグループ

 ・大塚製薬グループ

 ・その他

中堅企業

 ・全国の100御円~800億円企業多数

 

中小企業

 ・熊本県内の中小企業多数

株式会社 湊屋総研

所在地 〒862-0972

熊本市中央区新大江2-11-6-201

TEL 096-363-1065 FAX 096-363-0709

copyright 2015-2020 minatoyasouken Inc.